Illustratorで奥行のある背景を描く(アピアランス)

Illustratorで奥行のある背景を描く(アピアランス)

あぴあらんすの ちからって すげー!

最近アピアランスの存在を知り、その便利さに日々涙しているsakimitamaです、こんにちは。

さて今回はアピアランスを使って、奥行のある背景を描いてみましょう。ちょこっとグラデーションを付けるだけで、アイキャッチ画像もそれっぽくなります。簡単に色の調整が出来るのでオススメ!ぜひお試し下さい。

20131103214228
完成予定図
使用ソフト:Illustrator CS5.1

スポンサーリンク

Step1 基本の図形を描く

別に四角でなくとも良いのですが、グラデーションを付ける時にわかりやすいので、とりあえず四角で。

 

20131103211840
長方形ツール/Rectangle

 

Step2 新規塗りを追加する

ウインドウ→アピアランスにチェックを入れてアピアランスパネルを表示させます。

アピアランスパネル下メニューの新規塗りを追加ボタンをクリックして、新しい塗りを追加します。

 

20131103212052
新規塗りを追加/Add New Fill button

 

 

20131103212114
無事増えましたね。

 

Step3 塗りにグラデーションと効果をつける

先ほど追加した「塗り」にグラデーションをかけます。

 

20131103212639
グラデーションツール/Gradient
角度/A:-45°
R:180 G:180 B:180
R: 0 G: 0 B: 0

 

 

続いて、一番上の「塗り」の三角をクリック、詳細を表示し、「不透明度:」という文字をクリック

透明パネルが開くので、通常からオーバーレイに変更します。

 

20131103212756
透明/transparency
オーバーレイ/Overlay

 

20131103212829
完成です、お疲れ様でした。

色によってはオーバーレイでは効果が出ない時もありますので、その時は乗算にして不透明度を調整して下さい。

乗算だと、下の色を選びませんが、影になる方の色がくすむのでお好みでうまく使い分けて下さい。

乗算の場合はグラデーションの色
R:255 G:255 B:255
R:170 G:170 B:170
くらいにするとちょうどいいと思います。

 

20131103212930
2番めの「塗り」の色を変えるだけで、簡単に様々な色のグラデーションを作ることが出来ます。

 

20131103232942
グラデーションを線形から円形に変えて、色を下の様に変更するとこんな感じ。真ん中にコンテンツを置けば映えそうですね。
R:210 G:210 B:210
R:110 G:110 B:110
(オーバーレイの場合)

 

20131103213922
アピアランスなので、四角以外の形にも簡単に同じ効果をつけることも可能。これでアイキャッチ作成作業も捗りますね!

------------------Sponsored Links------------------

Sponsored Links

最近の投稿

More