【Illustrator】だれでも簡単に打ち上げ花火を描くチュートリアル

今回はIllustratorで5分で夏の風物詩、打ち上げ花火を描きます。毎度、季節外れのチュートリアルを発表することに定評のあるsakimitamaです。こんにちは。この記事が来年必要とされることを願います。

スポンサーリンク

Step1 花火の軌跡を描く

20130912230809
まずは直線ツールオプションで直線を引きます。
長さ:100px 角度:270度

 

20130912230850
次に回転ツールで角度をつけてコピーをしていきます。この時、Altキーを押しながら線の端をクリックし、
回転の中心が線の端になるようにします。
よくわからない方はこちら→Illustratorで中心を変更、指定して回転させるTips

回転ツール 中心:線の上端 角度:10度 コピー

(写真では線の下端ですが、花火の火球の動きと線の
向きを合わせた方が応用をする時にやりやすいと思う
ので、上端を回転の中心にするようにして下さい)

 

20130912231129
出来上がったらCtrl+Dを押して、全体が丸くなるまで
同じ操作を繰り返します。このショートカットキーは
便利。すごく便利。

 

20130912231150
全体を選択して、グループ化。(Ctrl+GでもOK)

 

花火の線を増やすため、縮小コピーを行い、少し回転させていきます。

あまり綺麗にずらしたくない時は、フリーハンドでずらして行って下さい。Ctrl+C、Ctrl+F、Altを押しながら拡大・縮小などを使うと便利です。

 

2013091223173720130912231758
1回目
拡大・縮小ツール 縦横比を固定:75% コピー
回転ツール 角度:5度

 

2013091223184520130912231913
2回目
1回目で出来たオブジェクトを選択、
拡大・縮小ツール 縦横比を固定:60% コピー
回転ツール 角度:2.5度

 

20130912231959
花火をたくさん描きたい時は、このグループをいくつかコピペして置いて下さい。

 

 

Step2 膨張ツールで歪ませる

次に膨張ツールでオブジェクトを歪ませていきます。
まずは膨張ツールの設定から

20130912232035

グローバルブラシのサイズ
幅:400px 高さ:400px 角度:0度 強さ:30%

膨張オプション
詳細:2 単純化:50

 

 

20130913011818
赤丸が付いている部分をカチカチクリックして、
好みの形になるまで膨張させます。

 

20130913011837
出来上がりはこんな感じ

 

Step3 花火用のブラシをつくる

花火の原型が出来たので、花火用のブラシを作ります。
楕円形ツールで細長い楕円を描きます。

 

20130912233335
楕円形ツール 幅:100px 高さ2px

 

20130912233612
出来上がった楕円の両端をアンカーポイントの切り替
えツールでクリック。線の角度を無くします。

 

20130912233745
続いて、ブラシ登録。オブジェクトを選んだ状態で、ブラシパレット右上から新規ブラシを選ぶか、ブラシパレットにドラッグアンドドロップで、新規ブラシを作ります

 

20130912234103
新規ブラシの種類:アートブラシ
アートブラシオプション
幅:100 固定
ストロークの長さに合わあせて伸縮
彩色:色合いを付ける キーカラー:黒

線の太さは幅で調整して下さい。
出来上がったイケてるブラシを先ほど描いた花火の線に適用させます。

20130913011929
おぉ、ちょっとそれっぽくなりました。
線の太さを変えれば菊っぽくもなりそうですね。

 

20130913012228
花火に色を付けるため、パスをアウトライン化します。

 

20130913012413
私はグラデーションを付けました。
スクリーンを使うと、発光して見えてよりそれっぽくなりますが、私のPCだとIllustratorが落ちてしまったので辞めました。貧弱ですね。

 

2013091301261320130913013226
膨張ツールでクリックする場所を変えたり、色を変えたりして、様々な花火を作って終了です。

20130917201601
お疲れ様でした。

アートブラシの形をおたまじゃくし状にしてもそれっぽくなりそうですよね。うまくいかない時はアートブラシの設定で調整してみて下さい。