【Illustrator】簡単リアルなろうそく炎の描き方

【Illustrator】簡単リアルなろうそく炎の描き方

今回はIllustratorでリアルな炎のイラストを描いてみたいと思います。(以前、同じテーマで作ったチュートリアルを全面的に書き直し、投稿しなおしました)

rousokukansei
完成予定図
使用ソフト:AdobeIllustrator CC2014
(特殊な事はしていないので、旧バージョンでも使えます)

Step 0 注意

・チュートリアルで使用しているIllustratorはCC2014です。
・ツールの名称などはCC2014にあわせています。
・カラーモードはRGB、ディスプレイ上での使用を想定しています。
・アピアランスを使用しますので、あらかじめアピアランスパネルを開いておいてください。
・拡大・縮小する際は[線幅と効果を拡大・縮小]にチェックを忘れずに。

Step 1 炎を描く

このステップでは炎を描いていきます。

背景を描く

まずは背景を描いていきましょう。今回は黒を使います。

m_rousoku000
長方形ツール/Rectangle
幅/Width:600px
高さ/Height:600px

塗り/Fill:黒/Black

炎の基本形を描く

楕円形ツールで楕円を描き、ちょこちょこっといじって炎っぽい形にしていきましょう。

m_rousoku0000
楕円形ツール/Ellipse
幅(W):60px
高さ(H):200px

m_rousoku001
アンカーポイントツール/Anchor Point Tool

炎に色をつける その1

お米のような形ができあがったら、炎のメインとなる部分の色をつけていきましょう!

m_rousoku002
新規塗りを追加/Add New Fill

上の方にある塗りを選択、グラデーションをかけていきます。

m_rousoku003

m_rousoku004
グラデーション/Gradient
円形/Radial

一応、数値を細かく出していますが、適当で大丈夫です。

R:0 G:0 B:0
不透明度/Opacity:0%
位置/Location:0%

R:247 G:124 B:30
不透明度/Opacity:100%
位置/Location:35%

中間点/Midpoints:20%

R:255 G:255 B:255
不透明度/Opacity:100%
位置/Location:72%

中間点/Midpoints:85%

R:247 G:124 B:30
不透明度/Opacity:100%
位置/Location:100%

こんな感じで適当に。
m_rousoku005

てっぺんにほんのりオレンジが出るくらいがオススメ。

炎に色をつける その2

続いて、炎の下の部分を描いていきましょう。

下の塗りに[新規効果を追加]>[パスの変形]>[変形]を適用。

m_rousoku006
m_rousoku007
新規効果を追加>パスの変形>変形
Add Effect > Distort & Transform > Transform

m_rousoku008
拡大・縮小/Scale
水平方向/Horizontal:120%
垂直方向/Vertical:103%

基準位置:下 lower

一回り大きなお米ができました。
m_rousoku009

今度はこの塗りにグラデーションを適用していきます。

m_rousoku010
グラデーション/Gradient
円形/Radial

一応、数値を細かく出していますが、適当で大丈夫です。

R:0 G:0 B:0
不透明度/Opacity:0%
位置/Location:0%

R:20 G:60 B:150
不透明度/Opacity:70%
位置/Location:12%

中間点/Midpoints:30%

R:20 G:60 B:150
不透明度/Opacity:0%
位置/Location:80%

こんな感じで、グラデーションを適用。
m_rousoku011

とりあえず、透明な炎心ができるようにして下さい。

炎の本体はこれで完成です!
m_rousoku012

Step 2 炎の周りを描く

このステップでは炎が発しているぼんやりした光を描きます。

炎より上のレイヤーに、楕円形ツールで縦長の楕円を描きます。

炎そのものより、ぼんやりした光のほうがレイヤー順で上にくるようにしてください。大事なことなので二回言いました。

m_rousoku013
楕円形ツール/Ellipse
幅(W):200px
高さ(H):300px

描いたら、グラデーションを適用。

m_rousoku014
グラデーション/Gradient
円形/Radial

R:250 G:175 B:60
不透明度/Opacity:100%

R:140 G:16 B:16
不透明度/Opacity:0%

楕円よりすこし小さい形に。
m_rousoku015

描画モードをスクリーンへ。

m_rousoku016
描画モード/blending modes:スクリーン/Screen

楕円の中心は炎の明るい部分(白色)の中心に来るように配置します。
m_rousoku017

ろうそくの炎のできあがり!
m_rousoku018

Step 3 ろうそく本体を描く

あとは地味なのでサクサクいきましょう。

ろうそくの基本の形をつくる

楕円形ツールと長方形ツールでろうそくを作ります。

m_rousoku019
楕円形ツール/Ellipse
幅(W):70px
高さ(H):20px

m_rousoku020
長方形ツール/Rectangle
幅/Width:70px
高さ/Height:200px

楕円の中心と長方形の上辺が重なるように配置して、合体。(スマートガイドを有効にしておくと便利です)

m_rousoku022
効果>パスファインダー>合体
Effect > Pathfinder > Add

後で加工がしやすいように、効果でろうそくの形を変えていきます。

パス全体を選択した状態で[新規効果を追加]>[ワープ]>[でこぼこ]

m_rousoku023
m_rousoku024
効果>ワープ>でこぼこ
Effect > Warp > Bulge

m_rousoku025_1
効果>ワープ/Effect > Warp
垂直方向(V)
カーブ(B):-10%

m_rousoku025_2
でこぼこした!……ので、塗りを選択した状態で、複製

m_rousoku026
選択した項目を複製/Duplicate Selected Item

m_rousoku027
新しい塗りが増え、ろうそくの基本の形が完成しました。

ろうそくに色をつける その1

はじめは上の塗りにメインとなる色をつけていきます。
m_rousoku028

はい、グラデグラデ!

m_rousoku029
グラデーション/Gradient
円形/Radial

R:250 G:240 B:230
位置/Location:10%

R:255 G:205 B:70
位置/Location:25%

R:165 G:55 B:35
位置/Location:50%

R:36 G:0 B:0
位置/Location:85%

R:0 G:0 B:0
位置/Location:100%

ろうそくの下のほうが消えるように色をつけます。
m_rousoku030

背景が黒でない時は、グラデーションの色を調整して下さい。

ろうそくに色をつける その2

続いて、ろうそくをほんのり光らせます。

下の塗りを選択した状態で新規効果を追加。

m_rousoku031
m_rousoku032
新規効果を追加>パスの変形>変形
Add Effect > Distort & Transform > Transform

m_rousoku033
拡大・縮小/Scale
水平方向/Horizontal:105%
垂直方向/Vertical:101%

一回り大きくなりました。
m_rousoku034

続いて、この塗りにもグラデーションを適用。

m_rousoku035
グラデーション/Gradient
円形/Radial

R:255 G:205 B:70
不透明度/Opacity:100%

R:36 G:0 B:0
不透明度/Opacity:40%

R:0 G:0 B:0
不透明度/Opacity:0%

ろうそくの上だけぼんやりするように、グラデーションを適用。
m_rousoku036

アピアランスはこんな感じ。ろうそくの本体ができあがりました!
m_rousoku037

あともうちょっと頑張って!!!!

Step 4 ろうそくの凹みと芯を描く

このステップではろうそくの凹みと芯を描いて、仕上げていきましょう。

凹みを描く

楕円形ツールで楕円を描き、グラデーションをつけ、凹みをつくります。

m_rousoku038
楕円形ツール/Ellipse
幅(W):50px
高さ(H):10px

グラ(略
m_rousoku039

グラデーション/Gradient
円形/Radial

ホワイト、ブラック /White,Black

楕円より少しだけ大きく、少しだけ下に設定。
m_rousoku040

ろうそくに配置。
m_rousoku041

描画モードをオーバーレイに。

m_rousoku042
描画モード/blending modes
オーバーレイ/Overlay

ろうそくの芯を描く

ペンツールでも、鉛筆ツールでもなんでもいいので適当にろうそくの芯を描きます。
m_rousoku043

それぞれを並べたら、完成!
m_rousoku044

Step 5 補足

特に言及してきませんでしたが、お好みに合わせてグループ化して下さい。
m_rousoku045

全体のサイズを変更する

サイズを変更する際は、見たままの状態でサイズ変更ができるように、[線幅と効果を拡大・縮小]のチェックを忘れずに。

炎の形・ろうそくの色を変更する

極端な形の変更でなければ、炎レイヤーのパスを調整するだけで十分です。気になるようであれば、ぼんやりパスの位置を修正して下さい。

ろうそくの色は本体レイヤーのグラデーションを調整してください。アピアランスパネルで正しい塗りを選択しないと、期待したグラデーションが表示されず、編集ができません。アピアランスパネルを使い慣れていない人は注意してください。

複数人で編集したり、バリエーションをたくさん作る際は、アピアランスを使わず、適宜パスで描いたほうが楽で安全かもしれません。

m_rousoku046
色変えはオブジェクトを再配色が便利です。

m_rousoku047
以上、ろうそくと炎を描くチュートリアルでした。おつかれ様でした!

------------------Sponsored Links------------------

Sponsored Links

最近の投稿

More