*

2013/12/10

Illustratorでチョコレート文字&額縁を表現する方法

Illustratorでチョコレート文字&額縁を表現する方法

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チョコレートの美味しい季節になりました!というわけで今回はIllustratorでチョコレート的表現をしていきたいと思います。アピアランスなので内容の変更が比較的容易です。今回は文字をメインに解説していきますが、図形やイラスト等も手順は同じ。おまけで額縁も表現できるのでぜひお試し下さい。

    m20131204202005
    完成予定図
    Illustrator CS5.1

    Step1 【テキスト】 アピアランスの準備

    このステップはテキストのみ必要な手順です。イラストに使いたい場合はStep2へ。

    文字を用意する

    お好きなフォントでどうぞ。

    m20131204202451
    文字ツール/Type tools
    フォント/Font:Brush Script Std Medium
    サイズ/Size:72pt

    線・塗りを「無し」にする

    続いて、線と塗りを「無し」にしておきます。これは、「テキスト」の内側に「文字」という属性があり、「文字」のアピアランスが、テキスト全体の見た目への影響するのを防ぐためです。

    m20131204204047
    線/Stroke:無し/none
    塗り/Fill:無し/none

    Step2 チョコレート枠(外側)をつくる

    この先はアピアランスを使っていくので、アピアランスパネルを表示(Ctrl+F6)させておきましょう。

    新規塗りを追加

    テキスト全体を選択、アピアランスパネルの新規塗りを追加ボタンを押して、塗りを追加します。

    m20131204205011
    新規塗りを追加/Add New Fill

    m20131205125359
    R:40
    G:15
    B:0

    塗りを長方形に

    塗りの形状を長方形に変換し、一回り大きい長方形にします。

    m20131205125858
    新規効果を追加>形状に変換>長方形
    Add Effect > Convert To Shape > Rectangle (M)

    m20131205125944
    値を追加(R)
    幅に追加(E):66px
    高さに追加(X):66px

    長方形に3D効果をつけて外枠に

    長方形に3D効果をつけてチョコっぽくしていきましょう!詳細オプションが表示されていない場合は、詳細オプション(O)ボタンを押して、照度等の項目を編集できるようにして下さい。

    m20131205130415
    新規効果を追加>3D>押し出し・ベベル
    Effect > 3D > Extrude & Bevel

    m20131205130757
    位置:前面
    押し出しの奥行き(D):50pt
    ベベル:複合2
    高さ(H):25px

    表面(S):陰影(艶あり)
    照度(L):100%
    環境光(A):30%
    ハイライトの強さ(H):25%
    ハイライトのサイズ(Z):90%
    ブレンドの階調(B):25
    陰影のカラー(C):カスタム/custom→黒/Black

    陰影のカラーを初期設定の黒ではなく、カスタムの黒にすることで、オブジェクトの再配色で色を変更することができるようになります。よくわからなくても、ココはとりあえず、カスタムの黒にしておいて下さい。

    ハイライトの位置はかなり微妙なので、プレビューをしながら細かい調整をして下さい。

    m20131205131412
    効果がかかった状態。ちょっと盛り上がりましたね。

    Step3 チョコレート枠(内側)をつくる

    内側は外側をコピーして、数値を変更するだけなので簡単。サクッと行きましょう。

    塗りを複製&数値の編集

    先ほど3D効果をかけた塗りを複製し、チョコレートの凹みを表現して行きます。

    m20131205135011
    選択した項目を複製/Duplicate Selected Item

    一番上の塗りを選択し、長方形の数値と押し出し・ベベルの数値を編集していきます。それぞれの文字をクリックすることで、各種数値の再編集が可能です。

    m20131205135221
    m20131205135338
    長方形/Rectangle (M)

    値を追加(R)
    幅に追加(E):40px
    高さに追加(X):40px

    m20131205135651
    押し出し・ベベル/Extrude & Bevel

    位置:前面
    押し出しの奥行き(D):50pt
    ベベル:角の尖った平面
    高さ(H):25px

    表面(S):陰影(艶あり)
    照度(L):100%
    環境光(A):10%
    ハイライトの強さ(H):20%
    ハイライトのサイズ(Z):100%
    ブレンドの階調(B):25
    陰影のカラー(C):カスタム/custom→黒/Black

    数値の他に、照明の位置が右上から左下へ変更になっています。

    m20131205135652
    出来上がりはこんな感じ。そろそろチョコレートが食べたくなってまいりました。

    Step4 塗りを追加して文字をつける

    塗りを追加して、チョコレートに描く文字をつけていきます。

    新規塗りを追加

    塗りを追加して、色を変更します。
    m20131205140033
    新規塗りを追加/Add New Fill

    m20131205140140
    R:66
    G:33
    B:11

    オブジェクトのアウトラインで大きさを調整

    欧文フォントは文字によって縦の長さがかなり違うので、そのままでは文字とチョコレートのバランスが悪くなってしまう事があります。それを防ぐためにオブジェクトのアウトラインを基準にしてチョコレート枠を作るようにしていきましょう。

    m20131205142216
    新規効果を追加>パス>オブジェクトのアウトライン
    Add Effect > Path > Outline Object

    m20131205142217
    基本の形はこれで完成です!お疲れ様でした。
    続いて板チョコ風にしたり、チョコの色を変える方法を見て行きましょう。

    板チョコ風にする

    m20131205142647
    ここまでくるとやっぱり、板チョコ風にしたいですよね。もちろんコピペでも良いのですが、編集の際の手間を減らすため、アピアランスを使って板チョコ風にして行きましょう。

    パスの変形 コピーで横に並べる

    オブジェクト全体を選択して、変形効果をかけます。私この機能すごく好きです。大好きです。

    m20131205142931
    新規効果を追加>パスの変形>変形
    Add Effect > Distort & Transform > Transform

    m20131205143014
    水平方向(O):310px
    コピー/Copy:4
    (移動の数値は文字によって異なるので、プレビューしながら調整して下さい)

    パスの変形 コピーで縦に並べる

    同じ要領で縦にも並べていきます。本当はもっとスマートに自動で幅調整とかしたかったのですが、方法が見つかりませんでした。ご存知でしたら教えてください……。

    m20131205143847
    新規効果を追加>パスの変形>変形
    Add Effect > Distort & Transform > Transform

    m20131205143916
    垂直方向(E):0px
    コピー/Copy:3
    移動の数値は文字によって異なるので、プレビューしながら調整して下さい)

    m20131205143949
    チヨコレイト……食べたい。じゃんけんして階段登る遊びって地方によってフレーズ違ったりするんですかね、ちなみに私は「グリコ」と「チヨコレイト」と「パイナツプル」でした。

    色を変え味を変え

    m20131205144239
    せっかく作ったチョコレート、やっぱり色んな味を楽しみたいですよね。ってことで、味を変えていきましょう。私はブラックチョコ派ですが、変化が地味すぎるので今回はホワイトチョコにしていきます。

    いちいち色を選択して変えていくのは大変なので、「オブジェクトを再配色」という便利機能を使います。

    オブジェクトを再配色

    m20131205145817
    (上メニュー)
    編集>カラーを編集>オブジェクトを再配色
    Edit > EditColor > Recolor Artwork

    m20131205145818
    こんな画面が出てくるので、「編集/Edit」をクリック

    m20131205145820
    右下のリンクマークをクリック

    m20131205145822
    下の太陽マークのバーや、上のポイントぐりぐり調節して好みの配色にしていって下さい。

    この機能すごく便利だと思うのですが、どうしてあんなに地味で目立たない場所にあるでしょうか……。

    m20131205145829
    ホワイトチョコっぽくしてみました。

    文字も立体的に……

    m20131205151713
    せっかくですから、文字も立体的にしてみましょう。

    新規塗りを追加

    文字部分の塗りをコピー、追加された(一番上の)塗りの色を変更します。

    m20131205151714
    新規塗りを追加/Add New Fill

    m20131205151715
    (一番上の塗り)
    R:35

    G:15
    B:4

    塗りを移動させて立体的にみせる

    2番目の塗りをほんの少し左下に移動させ、立体的に見せます。

    m20131205153538
    (2番めの塗り)
    新規効果を追加>パスの変形>変形

    Add Effect > Distort & Transform > Transform

    m20131205153641
    水平方向(O):-1px
    垂直方向(E):1px

    m20131205153702
    ずらしてみました。どうでしょう。

    塗りをコピー(陰用)

    先ほど光の当たる場所を作ったので、次は陰をつくります。

    2番めの塗りをコピー

    m20131205153750
    選択した項目を複製/Duplicate Selected Item

    色変更、移動で立体的に

    新しい塗りが追加されたら、3番めの塗り色を変更します。

    m20131205154002
    (3番めの塗り)
    塗り/Fill:黒/Black

    変形効果メニューを開き、数値を変更します。

    m20131205154104
    (3番めの塗り)
    水平方向(O):1px
    垂直方向(E):-1px

    m20131205154151
    いかがでしょうか。
    今回は全体の光源を右上に設定しています。光源の位置を変える場合は、数値の値や、正負を調整して下さい。

    m20131205154347
    板チョコ風。チョコウマー。

    オブジェクトに適用

    m20131205154729
    普通のパスにも同じように適用できます。大幅に拡大、縮小する際は「線幅と効果も拡大・縮小」設定をうまく使ってみてください。

    額縁風にする

    m20131205171521
    オブジェクトを再配色で木のような色へ

    枠と絵の間に新規塗りを追加。

    m20131205171645
    新規塗りを追加/Add New Fill

    m20131205171718
    追加した塗りの色を紙のような色に変更

    塗りを選択して、長方形に形状変更

    m20131205171935
    新規効果を追加>形状に変換>長方形
    Add Effect > Convert To Shape > Rectangle (M)

    m20131205172128
    値を追加(R)
    幅に追加(E):15px
    高さに追加(X):15px

    m20131205172157
    額縁がついたにゃー。

    でも、これだと使えるオブジェクトが限られてしまうので、額縁そのもののアピアランスをご紹介。

    額縁アピアランス

    オブジェクトの回りに額縁ができるタイプでなく、額縁専用のアピアランスを作りたい時は図のように数値を調整してみてください。
    m20131205173333
    ↑(上の図のコメントが間違っていますね、すみません)
    パス:250の正方形
    塗1:カンバスの色
    塗2:長方形 値に追加 25px
    塗3:長方形 値に追加 55px
    (他は今までの値と同じです)

    m20131205180521
    額縁風。
    色々いじって遊んでみてくださいね。では、また。

    Sponsored Links

    ---------Sponsored Links---------
    シェアをしてオラに元気を分けてくれ!
    Blogの更新情報はこちらで配信しています。
    tutorialmaniacsをフォロー RSS follow us in feedly チュートリアルマニアックスfacebookページ

    Sponsored Links

    ---------Sponsored Links---------

    新着記事

    マステリアルタイムプレビューIllustrator

    Illustratorでマスキングテープのデータを作る時は複数ウィンドウによるリアルタイムプレビューが便利

    最近、オリジナルのマスキングテープが流行ってますよね。いつか私も作りた...

    記事を読む

    Illustrator同心円グリッドツール花網目模様つくりかた

    同心円グリッドツールで作るお花・網目【Illustrator】

    今回は同心円グリッドツールでお花・網目を作ります。簡単にできるので、時...

    記事を読む

    Illustrator四角形グラデーションタイル背景

    再編集も簡単!四角形グラデーション背景のつくりかた【Illustrator】

    今回は四角形でグラデーションを表現した背景をつくります。色の編集も容易...

    記事を読む

    伸び縮みする飾り罫アートブラシ破線

    【簡単】アートブラシと破線で作る「伸び縮みするパターン罫」

    今回はアートブラシと破線で作る「伸び縮みするパターン罫」を作ります。基...

    記事を読む

    Illustrator日本語英語対訳表

    Illustrator日本語英語対訳表

    この日本語英語対訳表は、日本のIllustratorの発展のため、sa...

    記事を読む

    Illustratorプリセットで作る天然石飾り円

    Illustratorプリセットブラシでつくる天然石・飾り円

    今回はプリセットブラシを使った、バリエーション豊かな飾り円を作るチュー...

    記事を読む

    Illustratorアピアランス市松模様の線作り方グループの抜き

    Illustratorアピアランスで作る市松模様の線

    今回はアピアランスで作る市松模様の線のチュートリアルです。 アピ...

    記事を読む

    Illustratorランダムストライプ円

    簡単3分!Illustratorでランダムカラーストライプの円を作る

    今回は、簡単にランダムストライプの円を描くチュートリアルです。アピアラ...

    記事を読む

    マステリアルタイムプレビューIllustrator
    Illustratorでマスキングテープのデータを作る時は複数ウィンドウによるリアルタイムプレビューが便利

    最近、オリジナルのマスキングテープが流行ってますよね。いつか私も作りた

    Illustrator同心円グリッドツール花網目模様つくりかた
    同心円グリッドツールで作るお花・網目【Illustrator】

    今回は同心円グリッドツールでお花・網目を作ります。簡単にできるので、時

    Illustrator四角形グラデーションタイル背景
    再編集も簡単!四角形グラデーション背景のつくりかた【Illustrator】

    今回は四角形でグラデーションを表現した背景をつくります。色の編集も容易

    伸び縮みする飾り罫アートブラシ破線
    【簡単】アートブラシと破線で作る「伸び縮みするパターン罫」

    今回はアートブラシと破線で作る「伸び縮みするパターン罫」を作ります。基

    Illustrator日本語英語対訳表
    Illustrator日本語英語対訳表

    この日本語英語対訳表は、日本のIllustratorの発展のため、sa

    →もっと見る

    Sponsored Links

    ---------Sponsored Links---------

    • 名前:sakimitama
      東京下町。
      宇宙とNHKとWWEが好き。

      絵が下手でも、絵が描ける魔法のソフトIllustrator!
      Illustratorって楽しそうだなって思っていただければ幸いです。
    • tutorialmaniacsをフォロー RSS follow us in feedly チュートリアルマニアックスfacebookページ