Illustratorアピアランスでグラデーションの色を分ける(色相環のつくりかた)

Illustratorアピアランスでグラデーションの色を分ける(色相環のつくりかた)

2015年、あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!

今回はアピアランスを使って、グラデーションの色を分ける(抽出する)チュートリアルです!

スポンサーリンク

m_150106-0040
完成予定図
使用ソフト:Illustrator
CS6から使えます。

Step 0

・以下のパネルを表示させておいてください。
アピアランスパネル、グラデーションパネル

・チュートリアルで使用しているIllustratorはCC2014、ツールの名称などはCC2014にあわせています。
・カラーモードはRGB、基本単位はpxを使用しています。
・拡大・縮小する際は[線幅と効果を拡大・縮小]にチェックを忘れずに。

線を引く

色の分割は線アピアランスを使って行います。

まずは直線ツールをつかって線をかいていきましょう!

m_150106-0015 2
直線ツール/Line Segment

長さ/Length:100px
角度/Angle:0°
線の塗り/Fill Line:なし

線幅/Weight:20pt

グラデーションを適用

つづいて、色を分けたいグラデーションを線のカラーに適用します。

今回はプリセットにあるグラデーションを使用しました。

m_150106-0023 2
スウォッチライブラリ>グラデーション>スペクトル>スペクトル
Swatch Libraries Menu > Gradients > Spectrums > Spectrum

グラデーション/Gradient

種類/Type:線形/Linear

パスにそってグラデーションを適用
Apply Gradient along stroke

線の設定を変更する

最後に線の設定を変更します。もうすぐできあがりですよ!

アピアランスパネルの“線:”をクリックして線パネルをひらき、図のように設定します。
m_150106-0024 2

m_150106-0025 2
線幅/Weight:20pt
線端/Cap:突出線端/Projecting cap

破線/Dashed Line
線分/dash:0pt
間隔/gap:20pt

長さを調整しながら、線分をコーナーやパス線端に合わせて整列
Aligned dashes to corners and path ends, adjusting lengths to fit

m_150106-0026 2
できあがりました!

丸型先端にすると、こんな感じ。
m_150106-0027 2

ラウンド線端/Round cap

色の分割数は破線の間隔で調整してください。
m_150106-0028 2

線の属性を保ったままなので、くねくねさせたりもできます。
m_150106-0031 2

※クローズパスに適用する場合は、グラデーションの最初と最後の色を揃えてください。

この方法を使えば、簡単に色相環を作ることもできますよ!
m_150106-0032 2

以上、アピアランスでグラデーションの色を分けるチュートリアルでした!

2015年もチュートリアルマニアックスをよろしくお願いします!おつかれさまでした!
m_150106-0034

------------------Sponsored Links------------------

Sponsored Links

最近の投稿

More